×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

豆乳ダイエット

豆乳バナナダイエット

豆乳ダイエットの中でも、バランスがいいと言われているのが豆乳バナナ。
この二つを組み合わせているで、お互いの成分を高め合ってくれ、有効なダイエットになっています。
大豆にはたんぱく質やイソフラボン、バナナには食物繊維がたくさん含まれています。
また、バナナは大豆に含まれるたんぱく質を分解し、代謝を促進してくれるのです。
より効果的にダイエットをすることができます。
バナナはビタミンやミネラルがたくさん含まれており、消化・吸収がいいのです。
また食物繊維を多く含んでいるため、便秘も解消してくれます。
甘くて美味しいバナナですが、カロリーは低く1本あたり80kcal程しかありません。
こんなに低カロリーなのに、食べると満腹感を得られます。
豆乳バナナであれば、一食置き換えてもあまり空腹感を感じません。
豆乳ダイエットの嫌な点として、豆乳の臭いが嫌という人も多いですが、豆乳にバナナを入れることで自然と臭いを抑える事ができます。
豆乳よりバナナの匂いが勝るので、飲みやすくなります。
豆乳バナナは自宅でもミキサーさえあれば、簡単に作ることができます。バナナと豆乳さえあればよいのです。
バナナが甘いため、砂糖を追加する必要もありません。
自分で作れて、美味しく飲めるのが魅力の一つです。
ただ、豆乳もバナナも腸内の環境を整える働きがあり、過剰に飲みすぎるとお腹を壊してしまうことがあるので気をつけましょう。
一回にコップ一杯ぐらいでも十分です。

朝バナナダイエット

朝バナナダイエット方法は、”朝食にバナナを食べて、水を飲む”だけです。
朝食をバナナだけで、昼と夜は普通に食べることができます。このシンプルさが好評なようです。
バナナダイエットでより早く効果を出したい方には、和食がおすすめです。そして、普通に好きなものを食べる昼食と夕食は、よく噛むことが秘訣になる事以外特別な指示はありません。さらに、おやつは食べても大丈夫とされています。
おやつのお勧めなのはチョコレート、和菓子だといいます。
しかし、おやつを食べたい時は、お菓子は摂りすぎないでおにぎりなどお米が勧められています。

遅い時間帯に食べると、胃腸が活動中のまま睡眠に入ることとなり、快眠できず疲れが抜けないと太り易い体質になります。夕食は早めに食べるのが理想です。遅ければ遅いほど快眠時間が減ってしまいますから、夕方の6時になるべく近い時間帯、遅くとも晩の8時には食べる日を増やすようにしましょう。

それから日付が変わるまでに寝る習慣をつけて疲れを取るようにしないと、体質は徐々に悪くなってゆきます。
快眠を得るようにしないと、体質を改善するのが難しくなるため、朝バナナの効果はあまり期待でなくなってしまうそうです。
空腹の状態で睡眠に入り快眠を得ることと、バナナの疲労回復を助ける効果によって、より良い快眠が得られ、痩せ易い体質を作るという好循環にいきます。
しっかりと噛んで、なるべく早く消化させるようにして、ぐっすり寝るようにしましょう。
日付が変わるまでに寝るようにして疲れを溜めないことが痩せ易い体質を作ることに繋がります。

サイトガイド

Copyright (C) 豆乳ダイエット大全集. All Rights Reserved.